【生徒向け】生徒もログインできるって本当?

2017/10/02に作成


レッスンタイムを使い始めた生徒さんへ

今回は「長いアドレス」を使わずにレッスンタイムを利用する方法を公開したいと思います!

きっと今までは長いアドレスを使っていたのではないでしょうか。

student1 例えば

https://lesson-time.com/s/16174a65b627a4b70a7adc7116d45d1d6836862df8a355036d4b01ebdccf036fbce17e82e049de498eb5c808b2dc4635a1fa1933e713d4ba025c0e6cb2e85290

こういうURLです。これを使えば生徒さん特有のページにアクセスすることができます。

この長いアドレスを使わないで、ログインする方法はこちらです。

パスワードを設定する

まずは生徒さん自身のパスワードを設定しましょう。

アカウントページに行きます。

dashboard

次に、赤いボタンを押して、パスワードを設定してください。

dashboard

パスワードは3文字以上で記入してください。

dashboard

設定が完了すると、先ほどの赤いボタンが無くなります。

dashboard

すると長いアドレスに加えパスワードが必要になりました。

student1

ユーザー名を設定する

次に、ユーザー名を設定します。

dashboard

正しく保存できたら完了です。

今は パスワードユーザー名 をお持ちなので、長いアドレスは必要では無くなりました。

student1

ログイン!

さて、先ほど登録した、パスワードとユーザー名を用いてログインしてみましょう。
まずはトップページから生徒ログインに行きます。

dashboard

次に、先ほど登録した、パスワードとユーザー名を入れます。

dashboard

正しくログインしました。と表示されたら完了です。 dashboard

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。
生徒ははじめ 長いアドレス しか持っていませんでしたが、ユーザー名とパスワードを使うことができれば、 レッスンタイムのトップページからアクセスすることができました。

ぜひ、パスワードとユーザー名を設定してみてください♪