先生方は、生徒のコンクール課題曲をどのように選曲されていますか? 先生が生徒に合った曲を選ぶこともあれば、生徒自身に弾きたい曲を選ばせることもあるでしょう。 生徒には、これから時間をかけて向き合う曲について、練習はもちろん、他の演奏を聴いたり、曲の背景を勉強したり、 様々な学習をしてほしい、と願っていることと思います。 今回、第42回ピティナコンペ課題曲CDをご購入頂くと、生徒3名まで無料(※)で課題曲CDの音源を共有できる 「マイレパートリー」をご利用頂けます。ご利用には、先生と生徒のためのデジタルツール「レッスンタイム」へのご登録が必要となります。 先生と生徒の課題曲選曲の一助となれば幸いです。

1) シリアルコードを入力する

お手元に、2018年度[第42回]ピティナ・ピアノコンペティション課題曲CDをご準備ください。CDに同封されている用紙に記載されたシリアルコードを入力しましょう。シリアルコードは、1巻、2巻それぞれ区別して認識されるため、巻数とコードの組み合わせをお間違えないよう、入力してください。入力したら「次へ」を押してください。

2) 音源を共有したい生徒を選択する

シリアルコードが認識されると、共有できる巻数の課題曲CDにチェックが付き、生徒を選択できるようになります。ここで認識されている巻数の音源を共有することができます。レッスンタイムで作成した生徒の一覧が表示されますので、音源を共有したい生徒を選びましょう。選択したら、「次へ」を押してください。

3) 選択した生徒の「級」を設定する

ここでは、音源を共有する生徒の一覧が表示されます。生徒ごとに、参加する級を選択しましょう。ソロと連弾など、生徒が複数の級に参加する場合には、「+」ボタンを押して、参加級を追加設定しましょう。設定したら「選曲ページへ」を押してください。※3名以上の生徒と音源を共有したい場合は、「もっと多くの生徒と共有したい」を押し、5)へ。

4) 曲を聴いたり、学んだりしたことを先生と生徒で共有する

生徒の参加する級の課題曲、CDの収録音源が表示されます。先生からオススメの曲を知らせてあげることができます。また生徒は、音源を聴いたり、いいなと思ったりした曲にマークを付けることができます。また、参加する級の演奏曲が4期全て決まったら、他の級の音源も聴けるようになります。

5) 3人以上の生徒と音源を共有したい場合

課題曲CDの音源を3名以上と共有したい場合は、追加ライセンスをご購入頂くことができます。必要人数を選択し、「決済する」ボタンを押すと、決済サービスのウィンドウが表示されます。メールアドレス、カード番号、有効期限(月/年)、セキュリティコードを入力すると決済が完了し、共有する生徒を追加できるようになります。

生徒には、これから時間をかけて向き合う曲について、練習はもちろん、他の演奏を聴いたり、曲の背景を勉強したり、様々な学習をしてほしい、と願っていることと思います。マイレパートリーが、先生と生徒のための課題曲選曲の一助となれば幸いです。

さらに課題曲への学びを深めるために、第42回ピティナ・ピアノコンペティション参加要項に収録されている「学習ノート」を使ってみてはいかがでしょうか?曲について学んだことを記録できるノートの他、舞台で演奏するその日までの目標設定、予定の進め方ガイドもあります。是非ご覧ください!
ピティナ・ピアノコンペティション参加要項のお求めはこちら!